2018年度オールスターファン投票1位 峰竜太「去年と今年、2年連続で1位になれたのは本当に嬉しかったですね。感極まりました」ファンの人が「こいつのレースが好き」、「こいつの舟券を買いたい」、そう思われることがボートレーサーとしての全て。それがないのであれば、レーサーとして意味がないとまで思います。だからこそパフォーマンスを上げて、派手な一走、魅せるレースを心掛けてます。

ルーキーシリーズの舟券傾向

ルーキーシリーズの舟券予想の仕方

ルーキーシリーズの出場資格は「選手登録6年未満」です。選手はモーター調整など、プロになっからも覚えることが多く、一線級と呼ばれるようになるまでには時間が掛かります。それでも、成所で好成績を残した選手は成長が早いようです。

発展途上のルーキーたちは、スタートやターン、走り方も不安定です。
整備のノウハウもまだないので、A級でも悪いモーターを手にすると6着を並べて人気を裏切ります。その悲惨さはSGやGI以上です。一方、B級でも実績機を手にしたり、シリーズの序盤に上位着を獲った選手は、勢いに乗って高配当を連発します。情報不足とレースの不安定さから敬遠するファンも多く、売上は良くありません。

レースの不安定さを和らげようと、17年4月からは30歳までのA級(登録6年以上,原則6名以内)も走れるようになりました。実戦経験のあるA級が加わることでシリーズ全体が締まり, 18年4月の大村ルーキーシリーズ(オール進入固定)では、イン1着率が70 %を超えました。本命サイドになるか荒れるかは、走る選手次第というところでしょう。一般競走なので、優勝しても優先出場権などの特典はありません。配当面の特徴としては、中穴配当がよく出ます。